月刊温泉_’10年8月号_奥日光湯元温泉編1

2010 12 08

onsen08101-1.jpg
おまたせ!8月号第一弾は奥日光は湯元に行ってきたよ。。。。。。。。。。。。。。


日光は都心からも近いので例えば朝から夕方まで時間が空いたとき、どうしてもちょっとリフレッシュしたいときなどは早起きしてすっ飛ばしてちょっとだけでも行ってきます。何かChangeしたいときは自分でChangeしなくては何も変わらない。そういったフレッシュなサムシングが温泉にはあると信じています。
onsen08101-2.jpg
さてこの日は雨だったんだけど、奥日光の一番奥の方にある「板屋」さんってとこの温泉に入ったよ。内湯ね。
onsen08101-3.jpg
お湯は白濁してて、どう?すごいあったかそうでしょ?硫黄泉は芯まであったまってすごくいいよね。とろーん。
onsen08101-4.jpg
温泉のパワーが強いほど、泉質がとけて浴槽などに残るので汚く見えがちだけど、これは本物だってことだよ。あー、あったまるわー。
onsen08101-6.jpg
露天があるね。どうだろうか。行ってみよう。
onsen08101-8.jpg
露天ひろーい!雨降ってて写真がイマイチでスンマソだけど、お湯はいいかんじだよ。
onsen08101-9.jpg
雨が降ってたので写真もあんまりとれなかったけど、とっても広いよ。
onsen08101-5.jpg
湯元温泉はゆっくりつかって肉体疲労をしっかりとほぐせる温泉でした。つづく。。。。。。。。。
——————————————–

大きな地図で見る
湯元 板屋
URL : http://yumoto-itaya.jp/
栃木県日光市湯元2530
TEL 0288-62-2131
エリア:栃木県ー奥日光湯元温泉
交通:JR日光駅、東武日光駅からバス80分
温泉:奥日光湯元温泉
泉質:硫化水素泉(硫黄泉)
効能:リュウマチ性疾患・糖尿病・生理不順・慢性疾患・運動障害・高血圧症・痛風・慢性気管支炎・動脈硬化症・関節痛等
日帰り入浴 : 12:30~15:00 ¥1000-
リナリナお勧め度
お 湯:★★★★★
雰囲気:★★★☆☆
その他:★★★☆☆
コメント:お湯は最高です。硫黄って芯まで温まるのでとても肉体疲労にはテキメン。それだけでもジュウブンなのです。硫黄泉だとお風呂が汚れて見えてきてしまうけど、これは成分が強い証拠。しっかり浸かってたとえ湯あたりしてもドンマイ。宿も広く角地にあるためマイナスイオンをたっぷり味わえます。露天が広い。脱衣所が少し狭いかもだけど私は気にしないけどね。
——————————————–
バックナンバー:
月刊温泉_’11年春号_岩手大沢温泉編3
月刊温泉_’11年春号_岩手大沢温泉編2
月刊温泉_’11年春号_岩手大沢温泉編1
月刊温泉_’10年8月号_奥日光湯元温泉編1
月刊温泉_’10年7月号_小豆島温泉編
月刊温泉_’10年6月号_玉造温泉編
月刊温泉_’10年5月号_日光温泉編2
月刊温泉_’10年5月号_日光温泉編1
月刊温泉_’10年4月号_上下諏訪温泉編3
月刊温泉_’10年4月号_上下諏訪温泉編2
月刊温泉_’10年4月号_上下諏訪温泉編1
月刊温泉_’10年3月号_銚子犬吠埼編
月刊温泉_’10年2月号_南房総館山編_3章
月刊温泉_’10年2月号_南房総館山編_2章
月刊温泉_’10年2月号_南房総館山編_1章
月刊温泉_09-10年末始特大号_水上温泉編_最終章
月刊温泉_09-10年末始特大号_水上温泉編_4章
月刊温泉_09-10年末始特大号_水上温泉編_3章
月刊温泉_09-10年末始特大号_水上温泉編_2章
月刊温泉_09-10年末始特大号_水上温泉編_1章
月刊温泉年末年始特大号_後編
月刊温泉年末年始特大号_前編
月刊温泉_11月号
月刊温泉創刊号